読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重説の取説

不動産取引における実践で使える重要事項説明書の作成案内です。苦手で苦手な「重要事項説明書」の作成に悪戦苦闘な毎日です。自分の忘備録のつもりで重説の一語一句の意味や解釈を書き記したいと思います。(※奇跡的にも、このブログをご覧になった方がいらっしゃいましたら、温かくご指摘ご指導を頂けると嬉しいです。)

国土利用計画法=地価の高騰を抑制して、土地の有効利用を図ることを目的とした法律

◾️許可制

◾️届出制

 

①規制区域

②監視区域内

③注視区域内

④無指定区域

 

◾️罰則

 

建築基準法 = 建築物の敷地、構造、設備、用途に関する最低基準を定めた法律

a 単体規定

個々の建築物に必要な基準。

例:居室には窓が必要だよ。など・・・。

※全国どこでも適用される。

 

b 集団規定

秩序ある都市の形成に沿った建築物が建てられるようにするための基準。

※原則として、都市計画区域内と準都市計画区域内のみ適用される。

 

c 建築確認

工事が法令に適合しているかチェックすること。

 

d 建築協定

建築基準法よりも厳しい基準で、土地所有者等で締結される契約。

都市計画区域 = 都市計画法

◾️都市計画の内容

a 都市計画区域の整備、開発および保全の方針

b 区域区分

c 地域地区

d 都市施設

e 地区計画等

f 都市再開方針等

g 促進区域

h 遊休土地転換利用促進地区

i 被災市街地復興推進地域

j 市街地開発事業

k 市街地開発事業等予定区域

重要事項説明書【土地建物の売買・交換】

 ★「重要事項説明書」とは・・・

不動産取引において、物件の内容や取引条件等について、契約するかしないかを判断するために必要な情報が記載された書面の事を「重要事項説明書(※略して「重説(ジュウセツ)」と呼びます。)

 

《重要事項説明書》には以下の事が書かれています。

 

1 対象となる宅地又は建物に直接関係する事項

①登記記録に記録された事項

都市計画法建築基準法等に基づく制限の概要

③私道に関する負担する事項

④飲用水・電気・ガスの供給施設及び排水施設の整備状況

⑤宅地造成又は建物建築の工事完了時における形状、構造等(未完成物件のとき)

⑥当該宅地建物が造成宅地防災区域内か否か

⑦当該宅地建物が土砂災害警戒区域内か否か

石綿アスベスト)使用調査の内容

耐震診断の内容

⑩住宅性能評価を受けた新築住宅である場合(住宅性能評価書の交付の有無)

 

2 取引条件に関する事項

①代金及び交換差金以外に授受される金額

②契約の解除に関する事項

③損害賠償額の予定又は違約金に関する事項

④手付金等の保全措置の概要(業者自ら売主の場合)

⑤支払金又は預り金の保全措置の概要

⑥金銭の貸借のあっせん

瑕疵担保責任の履行に関する措置の概要

⑧割賦販売に係る事項

 

3 その他の事項

①供託所に関する事項

※その他、取引の判断に重要な影響を及ぼす事項についても記載・説明されます。

 

マンション等の区分所有建物の場合には、さらに次の事項が記載されます。

◾️一棟の建物又はその敷地に関する権利及びこれらの管理・使用に関する事項

①敷地に関する権利の種類及び内容

②共用部分に関する規約の定め

③専有部分の用途その他の利用の制限に関する規約等の定め

④専用使用権に関する規約等の定め

⑤所有者が負担すべき費用を特定の者のみ減免する旨の規約等の定め

⑥計画修繕積立金等に関する事項

⑦通常の管理費用の額

⑧管理の委託先

⑨建物の維持修繕状況の記録

⑩その他