重説の取説

不動産取引における実践で使える重要事項説明書の作成案内です。苦手で苦手な「重要事項説明書」の作成に悪戦苦闘な毎日です。自分の忘備録のつもりで重説の一語一句の意味や解釈を書き記したいと思います。(※奇跡的にも、このブログをご覧になった方がいらっしゃいましたら、温かくご指摘ご指導を頂けると嬉しいです。)

国土利用計画法=地価の高騰を抑制して、土地の有効利用を図ることを目的とした法律

◾️許可制 ◾️届出制 ①規制区域 ②監視区域内 ③注視区域内 ④無指定区域 ◾️罰則

建築基準法 = 建築物の敷地、構造、設備、用途に関する最低基準を定めた法律

a 単体規定 個々の建築物に必要な基準。 例:居室には窓が必要だよ。など・・・。 ※全国どこでも適用される。 b 集団規定 秩序ある都市の形成に沿った建築物が建てられるようにするための基準。 ※原則として、都市計画区域内と準都市計画区域内のみ適用され…

都市計画区域 = 都市計画法

◾️都市計画の内容 a 都市計画区域の整備、開発および保全の方針 b 区域区分 c 地域地区 d 都市施設 e 地区計画等 f 都市再開方針等 g 促進区域 h 遊休土地転換利用促進地区 i 被災市街地復興推進地域 j 市街地開発事業 k 市街地開発事業等予定区域

重要事項説明書【土地建物の売買・交換】

★「重要事項説明書」とは・・・ 不動産取引において、物件の内容や取引条件等について、契約するかしないかを判断するために必要な情報が記載された書面の事を「重要事項説明書(※略して「重説(ジュウセツ)」と呼びます。) 《重要事項説明書》には以下の…