重説の取説

不動産取引における実践で使える重要事項説明書の作成案内です。苦手で苦手な「重要事項説明書」の作成に悪戦苦闘な毎日です。自分の忘備録のつもりで重説の一語一句の意味や解釈を書き記したいと思います。(※奇跡的にも、このブログをご覧になった方がいらっしゃいましたら、温かくご指摘ご指導を頂けると嬉しいです。)

建築基準法 = 建築物の敷地、構造、設備、用途に関する最低基準を定めた法律

a 単体規定

個々の建築物に必要な基準。

例:居室には窓が必要だよ。など・・・。

※全国どこでも適用される。

 

b 集団規定

秩序ある都市の形成に沿った建築物が建てられるようにするための基準。

※原則として、都市計画区域内と準都市計画区域内のみ適用される。

 

c 建築確認

工事が法令に適合しているかチェックすること。

 

d 建築協定

建築基準法よりも厳しい基準で、土地所有者等で締結される契約。